>お気に入りに追加
このページの情報は
2007年9月27日12時27分
時点のものです。

活性酸素除去酵素(SOD)を多く含む体にやさしいお茶  クロワールプラス

活性酸素除去酵素(SOD)を多く含む体にやさしいお茶 クロワールプラス
価格:3,360円
納期:1週間以内に発送

人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 :
発売日 :

内容量 2g×31包(ティーバック) 原材料 カメリアシネンシス     アスパラサスリネアリス     タベブイアアベラネダエ■作り方・飲み方1.普通のお茶の要領で急須もご使用になれます。 2.やかんをご使用の場合も、水約1〜1.5リットル沸かし沸騰したら2g(1パック)を入れ、 3〜5分煮立ててお飲み下さい。 3.ホットでもアイスでもおいしくお子様からお年寄りまでお召し上がりいただけます。4.1パックで約1.5リットル出来ますので、通常のペットボトルより非常にお得となります。 ご家族皆様で安心してご愛飲下さい。
お肌のトラブルが困る。 カラダが疲れやすい。 美しく健康でありたい。そんな方は「クロワールプラス」を一日一杯。クロワールプラスが大量に含むSOD酵素群は、老化の一因である活性酸素を除去して身体機能を高めてくれると言われています。従来のクロワールにカルシウム、カロチン、アミノ酸が豊富な「マグワ/桑の葉」を加え、体内外をさらに健康にして、優しく、美味しいお茶になりました。 ■こんな方におすすめ 肌荒れ・シミ・シワ・アレルギー(鼻炎、花粉症など) 血流障害・高脂血症、肥満などでお悩みの方は是非お試しください。 ■活性酸素はこわい 活性酸素とは、物を酸化させる酸素の力がさらに強力になって毒性を発揮するようになったものであり、悪玉酸素、過激酸素とも呼ばれています。 体内に過剰な活性酸素ができると、その強力な酸化作用によって細胞や組織をさびつかせ、破壊していきます。 それがさまざまな成人病や、老化の要因になっていくことが判明してきて、「万病の元」活性酸素と呼ばれるようになり、大きな注目を集めています。 ●こんな時活性酸素が発生します◇体外より ・ 化学物質によって (農薬、殺虫剤、食品添加物、薬物等) ・ タバコを吸って ・ 車の排気ガスや大気汚染物質によって ・ 放射線 ・ 紫外線 ◇体内より ・ 体内でのエネルギー生産において ・ 細菌に感染したとき ・ ストレスを感じたとき ・ 激しい運動によって ■SODとは? SODとは、スーパーオキシド・ディスムターゼの略で、「活性酸素除去酵素」です。 過剰な活性酸素は人体に悪影響を与え、老化を促進するとともに、さまざまな成人病の要因になっています。このような悪玉活性酸素の毒から身を守るために、酸素がなければ生きられないほとんどの生物にはこういった活性酸素の毒から身を守る自衛手段をもっています。 その一つがSODです。これは活性酸素の一つであるスーパーオキシドを除去する体内酵素です。 クロワールプラスには、160000単位/gものSODが含まれ、その数値はまさに驚愕です。 ■厳選された天然茶葉 ●クロワールプラスの原材料 太陽と神が与えし最高の恵み カメリアシネンシス学名「カメリアシネンシス(Camelia Sinensis)」というツバキ科の樹木。 アフリカの最高峰キリマンジャロを望む赤道直下の秘境のジャングル 地帯にわずかに自生し、カビや害虫の繁殖を許さない生命力の強い 植物。原住民は「どんな病も治し、永遠の若さと不老、不死を手に 入れる事が出来る植物」「太陽と神が与えし最高の恵み」として代々 崇められ使用されてきました。最近になって、この伝説的な植物の隠 されたパワー、強力な活性酸素除去作用が注目を集めています。 緑茶、烏龍茶、紅茶などは、全てツバキ科のカメリアシネンシスの葉が原料で、発酵の方法や時間などによって分類されます。主に「アッサム 種」と「中国種」があります。かってアフリカ産カメリアシネンシスのアッ サム種が、インドからセイロン(現在のスリランカ)に移植され、セイロン 茶の一大産地になりましたが、自然の樹木であるアフリカ産カメリアシ ネンシスは、その地ならではの土壌、気温、日照など、アフリカの大自然がそれを阻んでおり、その地より門外不出となっています。ルイボスティーの原材料 アスパラサスリネアリスルイボスティーの原材料として知られるアスパラサスリネアリスは、南アフリカ共和国の最南端にあるウェスティン岬にあるセダルバーグ山脈一帯の高原にだけ自生するマメ科植物の一種で、ミネラル分を豊富に含む特殊なハーブです。成長すると1.5〜2m、根の深さは、3.5〜5mにもなり ますが、お茶になるのは葉の部分だけで、それは松の葉に似 ています。現地では、「赤い灌木の奇蹟」と呼ばれ、「不老長寿 」、「健康と肌の美しさを守る」飲み物として、古くからこよなく愛 されています。ノンカフェイン・低カロリーで、良質ミネラルをバラ ンスよく含みます。ルイボス(Rooibos)とは、ホッテントット語で「赤い灌木の奇蹟」と呼ばれ、原住民が古くから「不老長寿」を信じて愛飲されてたお茶です。 20世紀初頭にロシア系、紅茶商人がヨーロッパへ紹介し、1930年頃、現地の開業医で市長も勤めたイギリス系の博士が品 種改良の末、人工栽培による農作物化に成功しました。 インディオの神秘 タベブイアアベラネダエ (紫イペ)紫イペ(タヒボ)は、学名「タベブイア アベラネダエ」。ノウゼンカズラ科の樹木で、アマゾン奥地に広がるジャングル全域に自生しています。タベブイア属は全米で約100種類以上も存在し、その中でも、ただ1種類南米ブラジルに自生し、赤紫の花を咲かせる紫イペは、アマゾンの自然環境の元に採取される貴重なものです。タベブイアアベラネダエは、高さ30m、幹の直径50cm〜1.5mもある巨大なものが多く、その木質部は硬く、時にはチェーンソーでも刃の立たない事があります。紫イペはこの樹木の外皮と木質部に挟まれた僅か7ミリ程の内部樹皮だけが原料となります。また、タベブイアアベラネダエについては、様々な言い伝えが貴重な資料として残っています。 その昔、古代インカ帝国のインディオたちは、この樹木の内部樹皮を煎じ、健康の源、神秘の樹木茶として愛飲しており、時には金と交換するほど貴重な宝物として珍重したといわれています。 ロシア皇帝が毎日紫イペを飲んで130年いきられたり、ガンジー(インド開放運動指導者)も紫イペを 飲んでヨガをおこなった事もあります。伝統的漢方茶 マグワ(桑の葉)漢方で古くから健康維持に使用されている生薬です。 中国最古の漢方の聖典「神農本草経」に収載され、唐代の「食療本草」には「お茶代わりに飲めば口渇きを止める」とあります。 最近では、この桑葉にダイエット効果が期待できることで注目されています。桑葉の特有な成分としては、DNJ(1ーデオキシノジリマイシン)と言う糖分解酵素阻害物質です。これにより、糖分解酵素の働きを阻害することでブドウ糖の吸収を抑制し、食後の過血糖を抑え、ダイエットや糖尿病に多く利用されています。 桑の乾燥葉100g中には、キャベツの60倍のカルシウム、総カロチンは、ほうれん草の約10倍、血圧を下げるγ-アミノ酸も300〜400mgと豊富。シトステロールなどの殺菌・消炎作用を持つステロール類、カビを抑制するカプロン酸、サリチル酸メチルなどが含まれる。桑の茶葉には、血圧降下、コレステロール値の降下、脂肪増加抑制、アトピー性皮膚炎改善などの効果が見られ、利尿、緩下、老廃物の排泄作用なども確認されました。動物実験で発癌物質の変異原性を抑える事を認めた研究もあります。 漢方では、冬に採取したクワ科の落葉高木「マグワ」の根皮を「桑根白皮」「桑白皮」といい、消炎・去炎・利尿などに用いていますが、葉(晩秋の霜に当たったものが良品)を集めて乾燥したものも「桑葉」と呼ばれる生薬です。


このページのトップに戻る
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。